[第100回] CO2排出量削減とカーボンフットプリント

[第100回] CO2排出量削減とカーボンフットプリント

vol100

 地球温暖化対策、CO2排出量削減が、いま社会全体で取組んでいかなくてはならない国際的な課題となっています。CO2排出量削減の基本的な流れは、(1)排出量の現状把握を行う(「見える化」を図る)→(2)あらゆる削減努力を行う(削減目標の設定、PDCAでの改善努力、環境技術の向上など)→(3)それでも不可避な部分については代替手段で相殺する(カーボンオフセット、グリーン電力の活用など)となっています。「カーボンフットプリント」はそのうちの現状把握・「見える化」対策の一つで、12月11日~12日に開催された「エコプロダクツ2008」でも多数サンプル出展されていました。今回は「CO2排出量削減とカーボンフットプリント」についてです。

今回の内容

  • ■地球温暖化問題とCO2排出量の削減
  • ■CO2排出量削減とカーボンフットプリント
  • ■カーボンフットプリント制度実用化に向けた政府の取り組み
下記リンクファイルをご参照いただければ幸いです。
pdfファイル

このページの先頭へ戻る