[第99回] エコ印刷のご提案と水なし印刷

[第99回] エコ印刷のご提案と水なし印刷

vol99

 印刷業界は全VOC(揮発性有機化合物)発生の13%,塗装業に次ぐ2番目の発生源となっています。VOCは光化学スモッグの原因となる物質で,2006年から大気汚染法で排出規制が始まっています。また,通常のオフセット印刷では刷版・印刷工程で現像液や湿し水による有害な廃液も発生します。「水なし印刷」は,これら有害な排出物の発生を大幅に削減した「地球にやさしい印刷技術」です。当社は今年9月に日本水なし印刷協会に会員登録し,バタフライマークの使用ができるようになりました。今回は「エコ印刷のご提案と水なし印刷」についてです。

今回の内容

  • ■通常のオフセット印刷と水なし印刷
  • ■水なし印刷は印刷品質の向上、損紙削減にもつながります
  • ■水なし印刷と「バタフライマーク」
下記リンクファイルをご参照いただければ幸いです。
pdfファイル
.

このページの先頭へ戻る