[第122回] 日本の学術論文公開サイトは第三ステージへ (1)

[第122回] 日本の学術論文公開サイトは第三ステージへ (1)

vol122

― J-STAGEとその利用状況 ―

 J-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム)は、文部科学省傘下の独立行政法人・科学技術振興機構(JST)が運営する日本の学術論文・電子ジャーナルの公開サイトです。現在J-STAGEは、 2012年4月からの「J-STAGE3」への移行に向けた準備と開発を進めています。その中には「論文本文の掲載が今までのPDFからXML形式を推奨」に変わるなど、学協会様、印刷会社にも影響を与える内容も含まれています。今回より次世代電子ジャーナルサイトJ-STAGE3について3回シリーズでお届けします。第1回は現状での「J-STAGEとその利用状況」についてです。

今回の内容

  • ■J-STAGE構築の背景とその概要
  • ■現状でのJ-STAGEはどのように利用されているか
  • ■J-STAGEデータの作成とアップロード
下記リンクファイルをご参照いただければ幸いです。
pdfファイル

このページの先頭へ戻る